この前は見れたデータが消えている!?復旧の極意

この前は見れたデータが消えている!?復旧の極意

デリケートな機械なのだから、壊れないわけがない

形あるものいずれは壊れる、というのは万物において共通で、パソコンだって例外ではありません。むしろ精密機器ですから、ちょっとした原因でデータを紛失してしまうことは十分想定されると言えるでしょう。摩擦や落下などの物理的な衝撃、水濡れ、落雷、温度上昇、色々なケースがあると思います。こんなはずじゃなかった、と後悔する前に、どんな理由でデータを紛失するか予習しておくとその対策も練り易くなると言えるでしょう。

意外と知られていない、電子のすり抜け現象

デジタルカメラなどで画像などのファイルをメモリーカードに入れたり、パソコンで作ったデータをUSBメモリに保存したりすることは良くあると思いますが、それらのいわゆる「ポータブルストレージ」はデータをやり取りする為に使うものである、と言う認識があまり見られません。例えていうなら電子の「家」ではなく、どこか目的地に行くための「交通手段」である、と言うことです。これらのストレージには電源供給がなされないと何年かでデータを完全に失うことが知られています。これが「電子のすり抜け現象」です。しっかりデータを保存しておきたいなら、ハードディスクなどの「不揮発メモリ」と呼ばれるものにバックアップをとっておきましょう。

DVDに焼いても安心はできないことも!?

ハードディスク以外でも、CDやDVDに焼いて保存しておくのも有効と言えますが、落とし穴に注意しましょう。それは「ディスクそのものの劣化が起こりうる」ということです。DVDはCDに比べて軟らかい素材でできていると言え、不織布のケースで保存していても、熱や摩擦などで変質してしまい易いのです。これらのディスクは細かいデコボコでデータを記録しているので、これがなくなってしまうとデータを読み出すことができません。しっかりしたハードケースに保存し、気温なども管理するのが望ましいです。

パソコンの修理は故障部位によって大幅に代金が異なりますので、見積を取ってもらうと安心して依頼できます。