スマートフォン用とパソコン用のページで差を付けたいこと

スマートフォン用とパソコン用のページで差を付けたいこと

最近増えてきているスマホ専用ページ

スマートフォンが普及してからは専用ページを作ることが当たり前になりつつあります。以前のガラケーの時代も、専用ページはありましたが、それは容量の問題でパソコン用のページがきちんと表示されなかったからです。今のスマートフォンであれば、パソコン用のページもきちんと表示することができます。ただ、スマートフォンの画面で表示するにはパソコン用ページは大きすぎて、テキストが読みにくかったり、画像が小さすぎたりしてしまいます。そういった側面から、よりスマートフォンに適した専用サイトが増えてきているのです。

よりスマートフォンで操作しやすいサイトに

最近では、パソコンよりもスマートフォンの方がアクセスが多くなっているところもあり、パソコン用サイトをスマートフォンで見た際に見やすいデザインに変えているサイトもあります。スマートフォン専用のサイトを作るのではなく、パソコン用をスマートフォン用に寄せて共通で使用するといった形です。運営サイトが増えるということは、それだけ更新やメンテナンスの手間が増えるということなので、スマートフォンからのアクセスの方が多いのであれば、共通化してしまうのもひとつの方法です。

これだけは気を付けたいこと

スマートフォン用のサイトを作成する際に気を付けたいのは、リンクの扱いです。パソコン用ではテキストリンクを使用していた部分に対しての工夫が必要です。マウス操作では問題なくクリックできていたリンクも、スマートフォンではタップしにくいのです。画像に差し替えたり、リンク範囲を広げるなどして、問題なくタップできるようにする必要があります。リンクとリンクが近い場合には、誤操作につながらないように十分な余白を取りましょう。指で操作するということを意識しながらサイト作成を行わないと、ユーザーにとって使いにくいサイトになってしまいます。

スマホサイト制作を行っている企業では、短納期で高品質なサイトを作っているところが多数あります。費用的にも手頃ですから、こうした企業に発注した方が様々なコスト削減になるケースも多いです。